2019年03月25日  【新着情報】 日本語が話せない外国人からの119通報及び火災・救急現場等の対応について(お知らせ)


 
薩摩川内市消防局では、平成31年4月1日(月)から外国人における119通報及び火災・救急等の現場対応における「通訳センターを介した多言語三者間同時通訳」を運用開始します。
このサービスを導入することにより、消防業務全般において日本語が話せない外国人に対し、迅速・的確な対応が出来るようになります
1.サービスの概要
(119通報)
外国人通報者と通信指令室員及び通訳センターとの三者間で同時通訳を行います。
(火災・救急現場等)
消防隊員や救急隊員が現場から携帯電話を利用し、現場関係者の外国人と通訳
センターとの三者間で同時通訳を行います。
(その他消防一般業務)
 立入検査や防火訪問及び消防庁舎来訪者等の外国人対応に通訳センターとの三
者間で同時通訳を行います。
2.対応言語
 英語、韓国語、中国語、ポルトガル語、スペイン語
3.対応時間
 24時間 365日

PDFダウンロード:イメージ図