2019年07月24日  「ガソリンの取扱いにご注意ください!」


 
ガソリンは、気温がマイナス40℃でも気化し、小さな火源(静電気の火花やライターの火など)でも爆発的に燃焼する物質です。
また、ガソリン蒸気は空気より重いため、穴やくぼみに溜まりやすく、離れたところにある火源によって引火する危険性があります。
ガソリンの取扱いについて、注意事項をまとめましたのでご覧ください。

PDFダウンロード:ガソリンの取扱いにご注意ください!