2016年08月24日  たき火の不注意による火災が多発しています!

たき火の不注意による火災が多発しています!

市内では、「たき火により発生する火災」が多発しています。
たき火は、山火事をおこしたり家に燃え移ったりするだけでなく、燃え広がった火を消そうとして、自分の衣服に火がつき(着衣着火)、やけどを負い死に至ることもあり大変危険な行為です。
たき火は農作業等の例外を除き禁止されていますが、農作業等で認められたたき火をするときは、必ず消防署へ届け出を行ない、消火器や水バケツなどの用意し、その場を離れないようにしましょう。
また、たき火による苦情も多く寄せられます。近くにお住まいの皆さまにも迷惑とならないように十分配慮してください。

PDFダウンロード:たき火による火災が多発しています

PDFダウンロード:たき火による火災が多発しています。