2016年11月01日  11月9日は「119の日」

11月9日は「119の日」


 11月9日は「119番の日」です。
 火災や救急のときに使用する119番通報は、昭和2年10月1日に開始されました。この時代は、ダイヤル式電話が主流で、ダイヤルを回す時間が短い「1」を多く使用し、最後に「1」から距離の離れている「9」を使用することで電話の掛け間違いを防ぐ目的から、「119」番となりました。
 プッシュフォン式が多い今では、ダイヤル式の電話は想像できないお話かもしれませんね。
 当局における平成27年の119番通報件数は、6,071件で、そのうち1,246件(全体の約20%)が緊急を要さない問い合わせやいたずらなどでした。
 119番は、緊急時に消防車や救急車を要請するためのものです。
皆さまの大切な命を守るため、119番通報の適正な利用をお願いします。