【 2017年02月06日  消防職員意見発表会を開催しました。 】

消防職員意見発表会を開催しました。消防職員意見発表会を開催しました。
消防職員意見発表会を開催しました。消防職員意見発表会を開催しました。

 平成29年2月3日(金)、薩摩川内市消防局「第36回消防職員意見発表会」を開催しました。
 この意見発表会は、消防職員が職責に対する自覚と士気の高揚を図るため、消防が取り組むべき課題などを提案し、業務の改善等を行っていくことを目的として毎年開催しています。
 発表会には多くの市民の皆さまにもご来場いただき、書類選考で選ばれた10名の職員が、消防・防災について業務の改善案や思いなどを発表しました。
 審査の結果、女性消防士が安心して活躍できる環境づくりをテーマに発表した、消防本部消防総務課の中間ゆかり消防士長(39歳)が最優秀賞を受賞し、4月12日に開催される鹿児島県消防職員意見発表会に出場します。

 審査長の上屋和夫薩摩川内市教育長から「本日の発表内容のように、努力に努力を重ね、これからも市民の安全安心を守って欲しい」と講評を頂きました。

■審査結果
 最優秀賞 「私ができること」 消防総務課 消防士長  中間ゆかり(39歳)
 優秀賞  「命を救うために」 西部消防署 消防副士長 伊東 昴(26歳)

 その他の発表者
 ・「予防の充実へ向け」 東部消防署 消防士長 橋口智之(31歳)
 ・「消防の質」     祁答院分署 消防士長 内田 州(30歳)
 ・「やさしい気配り」  上甑分駐所 消防司令補 松迫茂久(42歳)
 ・「防災のプロを一人でも多く」西部消防署 消防士長 野村伍郎(32歳)
 ・「ことばを考える」  中央消防署 消防士 川原田孝太(24歳)
 ・「支援」       消防総務課 消防士長 小牧大輔(38歳)
 ・「宝の持ち腐れ」   祁答院分署 消防士長 立野 脩(34歳)
 ・「伝承」       中央消防署 消防士長 上川畑勝文(36歳)