【 2018年05月05日   県救助技術指導会派遣選考会を開催しました。 】

 県救助技術指導会派遣選考会を開催しました。 県救助技術指導会派遣選考会を開催しました。
 県救助技術指導会派遣選考会を開催しました。 県救助技術指導会派遣選考会を開催しました。

 薩摩川内市消防局では、第41回鹿児島県消防救助技術指導会に派遣する選手を決定するため、4月26日(木)、中央消防署訓練施設で選考会を開催しました。
 基本訓練として、はしご登はん、ロープブリッジ渡過の2種目、連携訓練として障害突破、ロープブリッジ救出、引揚救助、ほふく救出、ロープ応用登はんの5種目、計7種目に述べ82名の隊員が参加しました。
 隊員達は日頃の練習の成果を発揮し、安全確実な技術及び連携を披露しました。
 全ての競技で、スタートからゴールまでの迅速、安全確実性が審査され、7種目、延べ53名の隊員が、5月25日(金)に鹿児島県消防学校で開催される県指導会へ派遣されます。

派遣チーム及び隊員
【基本訓練】
 ・ロープブリッジ渡過 蓮香消防士、原薗消防士、丸山消防士
 ・はしご登はん    梶原消防士、上宮田消防士、川原田消防士
【連携訓練】
 ・障害突破      橋口チーム、濵田チーム
 ・ロープブリッジ救出 寺田チーム、木上チーム、前畑チーム
 ・引揚救助      立野チーム、丸山チーム
 ・ほふく救出     野畑チーム、川添チーム、田島チーム
 ・ロープ応用登はん  野村チーム、下青木チーム、武チーム