2016年12月08日  平成29年薩摩川内市消防出初式を挙行します。

平成29年薩摩川内市消防出初式を挙行します。

 川内会場:平成29年1月7日(土)午前7時35分から、消防車両総勢44台がサイレンを吹鳴しながら、市中パレードを行います。午前8時25分からは、西開聞町川内川河川敷で新春恒例の薩摩川内市消防出初式を挙行します。
 式では、消防関係者に対する表彰や消防団員及び消防局職員による訓練披露などを行います。また、消防の伝統文化「木遣り歌」(きやり歌)を初披露いたします。
 上甑会場・下甑会場は、1月6日(金)の午後から実施。全ての会場で式典終了後に一年の無火災を祈念して、一斉放水で出初式を締めくくります。多くの皆様のご観覧をお待ちしておりますので、是非会場へお越しください。
※「木遣り歌」とは、重い木や岩を大勢で運ぶ際、息を合わせるために唄ったもので、町火消しの鳶達のたしなみとして発展し、棟上や祝儀、祭礼などの練り唄に転用され、独特の木遣り歌が生まれたといわれています。
 各会場の式順はPDFファイルをご確認ください。

PDFダウンロード:各会場の式順